iPhoneを水の中に落としてしまった!まずするべきことは?

電源が入っていたら必ず切る

iPhoneのようなスマートフォンは家の中でも外でも手に持って使うことが多いので、うっかり水の中に落としてしまったということがよくあります。iPhoneは水没させても大丈夫という作りにはなっていないので、もし水没させてしまったら早急に対処しなければなりません。では、落とした直後、どういったことをすべきなのでしょうか。
まず、電源が入っている状態で落とした場合は、画面が映っていたとしたもすぐに電源を切るようにしましょう。というのは、電源をつけたままにしておくと基板に水が浸入して時点でショートしてしまい、大がかりな修理につながることになるからです。水が入ってくる前に電源を落とせれば、ショートの心配はほぼなくなります。

乾燥剤を入れた袋に密閉して水分を取る

次に乾いたタオルで全体を拭くようにしましょう。これはそのあとの作業をしやすくするための応急処置的なものなので、厳密にすべての水を拭き取れなくても構いません。
表面を拭いたらSIMカードを取り出します。SIMカードには契約者情報が記録されているため、これが水で駄目になってしまうと困りますし、また修理に出す際、SIMカードは取り外しておくのが基本だからです。
そのあと、密閉できるものにiPhoneと乾燥剤を一緒に入れて、しばらく置いておきましょう。こうすることでタオルでは取り切れなかった水分を吸うのです。乾燥剤の粒は大きいので、一緒にしたとしてもiPhoneの中に乾燥剤が入り込むという心配はありません。

iPhoneのバッテリーは太陽光で充電できるものから、デザインにこだわった物まで様々あります。災害でも役に立つので、注目されています。